トップ人形アニメの作り方 火花


火花
火花といってもいろいろとありますが、今回は鉄同士がぶつかり合ったときに出る火花です。
火などのアニメートできないものは後から合成で付け加えたりとかしますが、やっぱり照り返しとかも欲しいので撮影中に再現してみる方法を考えてみました。

材料
麦球 ごく一般に売っているものです。色を付けると面白いかもしれません。
電池ボックス 今回は単3を2本セットできるものを使ってみました。
エナメル線 要は目立たなければエナメル線でなくてもいいんですが。

使用方法
麦球についている導線をエナメル線に付け替えて、2本をこよりのように束ねてあげます。
さらにエナメル線の部分をスプレーで黒く塗ってあげれば完成です。
撮影中に火花を出したいカットになったら麦球をセットしてあげます。
このように照り返しも再現できます。
自作「RED BRIDGE」で剣同士がぶつかった時に使用しています。1カットだけ取り出して下のテストムービーを作りました。
タイミングとしては剣がぶつかった瞬間に火花を2フレーム。 そのまま火花なしで8フレーム。で、次の動作というコマ割りです。
テストムービー(30フレーム/秒)
撮影日:2000年02月
火花(ファイル容量:169kバイト)