トップ人形アニメの作り方 コア


コア
人形の形が崩れないようにプロポーションを保持する部分です。 人形を動かすときは人形の胸や腰などを片手でしっかりと固定して動かしますが、 コアが小さすぎたり形が悪いと、人形を動かす際に人形の形が崩れてしまったり、 他の動かしたくない関節が動いてしまいます。
反対にコアが大きすぎると関節の可動範囲が小さくなり、人形の動きが小さくなります。





このようにコアの出来はアニメに大きく影響するので、骨組みと同じぐらい重要な要素になります。
100体の人形があれば100通りのコアが存在するぐらいコアの形は様々で、 人形アニメの経験が一番顕著に現れる部分かもしれません。
材料としては木やパテなどを使うことが多く、コアが大きくなる場合は中空にする場合もあります。 また、突き出しで人形を外から固定する場合は、コアに突き出しの棒を固定する仕掛けを組み込む ことも多いです。

説明
コアに木材を使った例です。鉛線で作ったワイヤーフレームにバルサ材で作ったコアを木工用ボンドで接着してあります。バルサ材は軽くて加工も簡単ですが強度が弱いので、大きなものでなければもっと硬い木材を使ったほうがいいです。
コアにパテを使った写真です。真鍮製の球体間接にパテを盛って作りました。太った人形など、コアが大きくなる場合はコアの原型を作ってから型取りして中空のコアを作り、間接に固定する場合もあります。