トップ人形アニメの作り方 人形アニメ用人形の基本構造


人形アニメ用人形の基本構造
人形アニメーションに使用される人形の基本となる構造を紹介したいと思います。

説明
人形の構成は右図のようになっていて、骨組み、コア、外形の3つから成ります。

<骨組み>
鉛線や糸ヒューズなどを使ったものや金属を加工して作る球体間接などがあります。
<コア>
人形のプロポーションを維持したり、動かす際に持ちやすくするためのもの。木やプラスチックなどで作ります。
<外形(ガワ)>
人形の外側を形作るもの。スポンジを巻いて服を着せたり、フォームラバーや粘土をかぶせたりします。

以降、骨組み・コア・外形について詳しく紹介していきますが、一番大事なことは人形のデザインです。
どうしても最初は「耐久性を考えると球体間接がいいんじゃないか?」とか「人形の足はネジで固定したほうが安全かも」 など、最初に技術的なことへ目がいってしまいがちですが、まず作りたい人形のデザインがあり、その人形を作るには どんな構造が一番適しているのか?どういった仕組みが必要なのか?を考えるようにしましょう。
あたりまえのことかもしれませんが大事なことです。

・・・といいながらも、人形アニメーションの人形について注意点をいくつか挙げておこうと思います。

1.頭は軽いほうがいい
特に人形を歩かせるときは人形の重心が上にあるほどバランスをとるのが難しくなり動かすのが大変になります。 足を地面に固定するだけで人形を自立させることが難しい場合は、上から糸で吊ったり、後ろから棒で支えるなど 人形を補佐する仕掛けを使えば大丈夫ですが、アニメの手間はかなり増えます。
デザイン上、人形の頭が大きくなってしまう場合は中空の構造にして軽くしたり、中に発泡スチロールを入れたりして、 出来るだけ軽く作るようにしましょう。

2.手は長いほうがいい
特に、人形がものを取ったり、頭をかいたりする演技がある場合は重要です。人形を作っていざ撮影をしようとしたら 手が届かなくて演技が出来ない。なんてことはありがちです。
また、人形の手足が長いとアクションが大きく見えて見ごたえがあります。(手足が短い人形が動くのも可愛いですけどね)
人形にどういった演技をさせるのか。どれくらいの動きの幅が必要なのか。をよく確認してから人形を作るようにしましょう。

3.足は大きいほうがいい
単純に立たせやすいという意味です。もちろん大きすぎると逆に動かすのが大変になりますが、適度に足が大きい人形は 仕掛けも隠しやすいし安定がいいので上半身も動かしやすくなります。
足が小さい人形でも1で書いたように補佐する仕掛けを併用すれば問題ありませんが、その場合は人形を作る前に、どこから どうやって人形を支える仕掛けをつけるのかを考えておきましょう。
人形を作っても動かすことが出来なかった。なんてことになったら大変です。