トップ人形アニメの作り方 照明(機材編)


照明(機材編)
コマ撮りの場合は撮影の間に照明が変わらないようにしないといけません。そのためには照明機材が撮影中に動かないようにしっかり固定することと、 明るさが変わらないように電圧を一定に保つことが重要になってきます。


●アイランプ
8mmフィルムの頃から使っているランプです。150Wから500Wまで電力量によって分かれています。自主制作の場合はセットも小さいので150Wから300Wぐらいをよく使っています。
専用のソケットと合わせて使います。
オプションとして傘も売っています。ソケットに差し込んで使用します。傘の周りに黒紙などを巻いて光を遮ったり、傘の前面にセロハンなどをクリップで止めて光の色を変えたり、トレーシングペーパーを使って光を弱くする場合にも重宝します。


●レフ板
直接、照明を当てると光が強すぎる場合があるので、レフ板という光を反射する板を使って反射光を利用する場合もあります。表面が白いもの(弱い反射光)と、銀色のもの(強い反射光)があります。
人形だけに光を当てたい場合など小さな被写体にも使えるように、手鏡を使って小さな反射板を自作してみました。


● 照明用三脚
照明で一番気をつけないといけないのが『撮影中に動かないこと』です。撮影中は三脚の脚に砂袋などの重しをのせておきます。

● スライダック(電圧調節器)
照明用のライトを直接コンセントに接続しないで、間にスライダックという電圧調節器を入れます。撮影中に照明の明るさが変わってしまったときはスライダックを使って電圧を変えて明るさを調節することができます。