トップ人形アニメの作り方 線画台(半立体)


線画台(半立体)
半立体アニメを撮影する場合、カメラを人形の上から真下に向けて設置しないといけないので線画台と呼ばれる専用の台を使用します。少し大掛かりになってしまいますが、これがあると撮影はかなり楽にすることができます。
説明
構造

まずカメラを固定する枠があります。一番上にカメラを設置し、その下にガラス板を置いて人形用の台にして、一番下に背景を置く台を置きます。黒い紙に穴をあけてカメラのレンズを通して設置することでカメラのガラス板への映り込みを防ぎます。

作り方

金属製の組み立て式棚を利用して自作しました。高さ180cm 幅90cm 奥行き60cmです。ガラス板は厚さ5mmで横80cm 縦60cmのものを3枚設置できるように作りました。複数の人形を使う場合はそれぞれの段に分けて置くことが出来ます。照明は台の両側に300Wのアイランプを設置。枠の両側にトレーシングペーパーを張って光を分散させます。

簡単半立体アニメ

本格的な線画台を作らなくても半立体アニメは簡単に出来ます。机の上にアクリル板を一枚置いてその上で粘土を動かせば簡単にクレイアニメを作ることが出来ます。カメラは三脚に設置します。

テストムービー(10フレーム/秒)
撮影日:2005年12月
クレイアニメ(ファイル容量:693kバイト 時間:11秒)