トップ人形アニメの作り方 コマ撮り環境(カメラとパソコン)


コマ撮り環境(カメラとパソコン)
コマ撮りの撮影に必要な撮影機材は大きく分けて「本番環境」と「ビデオアシストシステム」の2になります。 「本番環境」とは編集に使われるオリジナルデータを撮影するためのもので、「ビデオアシストシステム」 とは、撮影中にアニメーターが人形の動作を確認するために使われるものです。
本番用のオリジナルデータは画質が最優先なので画像サイズが大きく圧縮もほとんどかかっていませんが、 ビデオアシストシステムで取り込んだ画像は、撮影中に動作を確認するために何度も再生するのでパソコンに 負荷がかからないようにオリジナルデータに比べると画像サイズは小さく圧縮をかけて容量を小さくしてあります。


基本的には「本番環境」と「ビデオアシストシステム」に、それぞれ別のカメラを設置するので、コマ撮りの撮影では、 1回人形を動かすと本番用とビデオアシストシステム用に2回シャッターを押すことになります。
しかし、最近ではライブ映像を表示することが出来る一眼デジカメの登場で、1台のカメラで両方の役割を兼用することが 可能になってきました。

デル株式会社