トップ人形アニメの作り方 コマ撮りの簡単な作り方


コマ撮りの簡単な作り方
まずはフリーソフトを使って簡単にコマ撮り動画を作る方法を紹介したいと思います。

必要なもの
1.カメラ:携帯・スマホのカメラでもコンパクトデジカメでもwebカメラでも何でも構いません。
2.三脚:小さなものでも構いません。カメラを固定できるものを何か用意しましょう。
3.パソコン:Macでもwindowsでも作ることが出来ます。簡単なものなら性能が低いノートPCでも大丈夫です。
4.ソフトウェア:ここでは静止画像を取り込んで動画にする「Mam_AVI」(windowsのみ)というフリーソフトを使います。
動画にした後はウィンドウズムービーメーカーという編集ソフトを使って動画をつなげてから音を入れます。
Macの場合はiMOVIEという編集ソフトを使いましょう。

それでは一番簡単なコマ撮りを例をあげて紹介したいと思います。

1.動かすものとデジカメを用意します。


2.少しずつ動かしながらデジカメで写真を撮ります。

※ カメラの固定にはこの商品を使ってみました。
ちょっとしたコマ撮り撮影をするだけなら三脚よりもクリップで机の端に止められるカメラの固定器具のほうが手軽で簡単です。
場所もとらないので重宝します。
LPL スタンド ミニクリップスタンドMC-1 L13007

3.写真をパソコンにコピーします。


4.写真をつなげて動画にします。

※ ここではMam_AVI(windows版のみ)というフリーソフトを使ってみました。
静止画を読み込んでAVI形式のムービーファイルを作ることが出来ます。
ダウンロードはこちらから
これでコマ撮り動画の完成です。コマ撮りをするだけなら、このように簡単に作ることが出来ます。
もっとレベルの高い複雑な作品を作るときでも、この基本は変わりません。写真を一枚ずつ撮ってつなげて動画にする。
それだけです。
動画ファイルにしてしまえば、あとは普通の動画編集とまったく同じです。windowsマシンならパソコンに最初から
インストールされている『ウィンドウズムービーメーカー』で。MacintoshならiMOVIEを使って、動画をつなげて
音を入れれば作品の完成です。

このようにコマ撮りで作品を作るときは大きく分けて4つの工程があります。
 1.ストーリーを考えて絵コンテを描く
 2.人形・美術(セット)の制作
 3.撮影
 4.編集・音入れ

これから先の項目で、それぞれの工程を詳しく紹介していきます。